読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

萌ゆる目々

あれこれざっくばらん

合コンで好きなタイプの男性は?と聞かれたときの模範解答

合コンシリーズ第2弾です。
どーも、わたしです。

合コンで必ずと言ってもあがる話題。 
好きなタイプの男性は?
これの正解を伝授したいと思います。

正直なことを言えば、睫毛が長くて色が白くて病的に細くて目は二重。
マッシュもしくはパーマが似合う、目の色が茶色い色素薄い系。
笑うとくしゃくしゃで目がなくなるのが可愛くて歯並び・鼻から顎にかけてのラインが綺麗で、どちらかといえば童顔なのに声が低くて色気がある。
お金持ってて仕事も楽しそうで、お酒もなんでも飲めて、服もオシャレで、セックスがとても丁寧で終わった後も気遣いを忘れない、聞き上手だけど盛り上げ上手で趣味に理解のある引き出しが多い人。
動物好きの子供好き。
ちょっと天然な部分を持ってるけど、根はしっかりしてる男性が好きです!わたしは!

ただ合コン上での正解があるんです。
伝授伝授。

答えはね、「食べ物の好き嫌いが少ない人」です。
これの良いところはたくさんありますが、まず男性側のハードルをめっちゃくちゃ下げられることです。
好き嫌い激しいタイプの方がマイノリティーですから、そんな条件でいいならイケる!と思わせるのです。
「え?そんなんでいいの?俺いっぱい食べちゃうよ?」と決まって返してきます。
そして「なんでそんな条件なの?」と。
自分のアピールが足りていないなというときは、「わたし料理好きなんで、自分が作ったものをもりもり食べてくれると嬉しくて。あとメニュー考えるのも楽しいですし、逆に好き嫌い多い方だと大変なんですよね(笑)」と言います。
料理好きな女性が嫌いな男性はいないので、そこで一気に得意料理は?みたいな話で盛り上がれる上にポイント稼ぎができます。

逆にどうでもいい場合は、「食べるの好きなんで、好き嫌い多い人だとお店選ぶのが大変じゃないですか?」と言って様子を見ます。
そのあとくるのは大抵食の話です。
「和洋中ならなにが好き?」「好きな食べ物は?」「どの辺でよく飲むの?」などなど。
合コン後デートに行く場合に男性側が食事に連れて行きやすくしてあげます。
例えば今日の合コンだと、「好きな食べ物は?」→私「餃子が好きです」→「俺も餃子すき!中華すき?美味しいお店知ってるよ!」
ほら、誘いやすくなってるでしょ?

別パターンだと「好きな食べ物は?」→私「餃子です」→「どこのお店で食べるの?」→私「家で作って食べるのが好き」→「料理得意なのか!」
ほらね、ほらね。

「食べるの好きなんだ!よく飲んだりするのってどのへん?」→「渋谷かな」→「渋谷なら美味しいお店いっぱい知ってるよ!今度行こうよ!」
ドヤ。

このような形でポイント稼ぎつつ、男性にチャンスを与えてあげられるんですね。

今日の合コンはグループラインに招待されたのに女性陣全員がグループに参加しないという大惨事が起きてますが、男性側は「えーそんな条件でいいならじゃあ立候補しちゃおうかな(笑)」みたいな茶番で夢が見れたのだから良き思い出にしてほしいです。
あでぃおす。